引越し業者 品川

引越し業者を品川区で1番簡単に見つける方法

品川 引越し 相場

品川 引越し 価格

品川 引越し 見積もり

品川 引越し 比較

品川 引越し 格安

 

東京都の引越し業者を検索すると1200件、品川区だけでの約35件以上ヒットします。

 

こんなに沢山ある引越し業者の中から、1社だけに絞り込むのはなかなか大変な作業です。

 

引越しにはお金がかかるので、できるだけ引越し費用を安くしたいと思いませんか?

 

引越し費用は会社によって違いますので、格安の会社を探したいなら複数の業者から見積もりを取るしか方法はないのです。
しかし、1社1社に連絡して見積もりを取るのは面倒です。

 

それが一度にまとめて出来るのが、引越し業者一括見積もりです。

 

1回の入力するだけで、最大10社から見積もりを取ることができます。

 

 

品川 引っ越し

 

大手から地元の会社まで、200社以上が参加しています。

 

見積もりが届いたら、サービス内容や価格などを比較して1番良いと思う所を決めてくださいね。

 

複数の見積もりがわかれば、相場はもちろん最安値も簡単に見つかります。

 

ぜひ、一括見積もりをご活用ください。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越しと繁忙期の費用

 

引越し繁忙期

 

引越しには繁忙期があり、この時期は通常期よりも引越し費用が高くなります。
繁忙期は3月のことです。

 

3月引越しが多くなるのは、新大学生や新社会人が新学期を前に新天地に移動を行うからです。
毎年3月はネコの手も借りたいほど忙しいので、引越し業者もスタッフを増員して備えます。

 

しかしそれでも依頼が多すぎて間に合わない日もあります。
繁忙期は新居の住所が決まった時点で、引越し業者に見積もりを依頼しましょう。

 

複数の引越し業者からの見積もりが一度に取れる一括見積もりがオススメです。

 

繁忙期といえど引越し費用に差はありますから、比較するのは忘れないでくださいね。
見積もりを取って満足して契約を忘れないようにしましょう。

 

 

引越しのおおまかな工程

 

引越しの工程

 

引越しのおおまかな工程を知っておくと、引越し当日までに無駄な動きがなくスムーズです。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

おおまかにはこのような感じです。

 

引越し先にエレベーターがあるかないのか、廊下はせまくないのか、トラックは近くに停められるのか?などの情報がなければ、引越し料金の性格な金額が決まりません。
ですから新居が決まってから見積もりを取りましょう。

 

そして不用品を運ぶにも引越し料金がかかりますので、不用品は売る・捨てる・あげるなどして処分しましょう。

 

市外引越しの場合は転出届が必要です。
引越し先が近隣ならいいですが遠方ですとなかなか面倒な手続きになるので、必ず引越し前に提出しましょう。

 

電気・ガス・水道は引越し日止めてもらうように手配し、日割り計算で精算します。
ガスがガス会社立ち合いで元栓を閉める作業があります。
詳しくは各会社に電話して問い合わせておきましょう。

 

さらに同じ市内なら〇日からは新居で電気・ガス・水道を使えるように手配しておきましょう。
通信会社にも連絡し、どうすればいいか確認してくださいね。

 

郵便物は1年間は新居へ転送することができます。
その間に知人に引越ししましたという連絡をしてください。

 

引越し当日、荷物の運送は引っ越し業者にお任せするとして家具家電の配置、ダンボールの置き場所などは指示してください。
前もって紙に書いておくとスムーズに作業が進みます。
荷解きはゆっくりしてください。

 

さて新居に最寄りの役所には、市外引越しなら転入届を同一市内なら転居届けを2週間以内に提出してください。
選挙、税金など大事なお知らせががこれで届きます。

 

ほかにも免許証、パスポート、保険、カード会社、銀行系などいろいろなところに住所変更を連絡しておきましょう。
郵便局の転居届は1年ですから早めに連絡しましょう。

 

 

引越しのあいさつはいつ行く?

 

引越し挨拶

 

引越しの挨拶は引越し当日か翌日に行きましょう。

 

え、もっとゆっくり落ち着いてから行こうと思ってた・・・という方もいるかもしれませんね。
しかし挨拶を先延ばしにすると行くのが面倒くさくなったり、先に道や廊下でバッタリ会ってしまって挨拶のタイミングを逃したりします。
だからまず、引越ししたら引越し作業の合間をぬって挨拶に行っておきましょう。

 

引越しまでに簡単な粗品を用意しておきましょう。
粗品は500円〜1000円程度のタオル、洗剤、コーヒーや紅茶、お菓子などがいいです。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行くものなのでしょうか?

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのような住人専用のゴミ収集所がないところもおおいので、町内での当番制で清掃を行っているかと思います。
できれば自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールやお祭りのことなどを聞いておくと安心ですね

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行くのが一般的です。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、そちらにもご挨拶しておくといいと思います。
最初のイメージはとても大事ですから、挨拶は行きましょうね。

 

 

引越しにかかる初期費用とは?

 

引越し初期の費用

 

賃貸物件に引越しする際には、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費・カギの交換費用などがかかります。
どんなものなのか一つずつ見て行きましょう。

 

・敷金;物件から退去する際に傷んだ壁紙などを修繕する費用で、入居前に徴収されます。
しかし修繕するところがないほど綺麗に部屋を使っていれば、使わなかったお金は返金されます。
入居前に大きな傷、凹みなどはないかチェックして、あれば写真を撮ったり不動産屋と確認して契約書に記載してもらいましょう。

 

・礼金;大家さんに支払われるもので昔からの慣習となっています。しかし最近では礼金ゼロの物件もあります。

 

・家賃2〜3か月分:まとめて支払ってもらうのは支払い能力があるかを判断したり、滞納しない人か判断したり、キャンセルされないようにするなどの意味が考えられます。

 

・仲介手数料:不動産屋に支払われる費用ですが、法的に○○円という決まりはありません。 最近は仲介手数料ゼロの業者もありますね。

 

・火災保険:日本の住宅は木造が多いため、火が出るとあっという間に燃え広がります。
被害者にもなりますが、加害者にもなり得ますから、火事は自己責任なのです。たとえもらい火でも
。 火災保険は自分と自分の財産を守るために加入しましょう。

 

・連帯保証会社利用費:以前は家族や親戚に連帯保証人となってもらうのが一般的でしたが、最近は一人っ子だったり、親戚づきあいがないなど家庭環境も複雑化したので連帯保証人が用意できない人が多くなりました。
いまはお金を払って身元を補償してもらう方法が主流となりました。

 

・カギの交換費用:前住人がカギをずべて返却したかどうかわかりません。
ですから防犯のためにも入居前に鍵を交換しておきましょう。

 

 

引越し業者のサービス、オプションとは?

 

引越し オプション

 

人件費と交通費とオプション代の合計が引越し費用です。
ではこの「オプション」にはどんなものがあるのでしょうか?

 

引越し業者が行っている代表的なオプションには以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

中でも依頼が多いのがエアコンの取り付け・取り外しです。
引越し業者に「エアコンの移設」を依頼しておけば、専門業者が来てやってくれます。
自分で手配する手間が省けますし、料金も自分で依頼するのとさほど変わりません。

 

車の陸送は長距離の運転が苦手な方、高速道路が怖い方、妊娠中の方、小さなお子さんがいるご家庭などに利用されています。

 

荷物の一時保管は、リフォームや建替えで短期間一時的に引越しされる方に利用されています。

 

このように「オプション」は全員には必要ありませんが、必要な人にはあると便利なサービスなのです。